Category: NEWS


この手記を書くのも、お久しぶりになってしまいました。

申し訳ありません。主宰、脚本の遠藤遊です。

皆様の貴重なお休みの時間に「金星」を観劇してくださり、誠にありがとうございました。

家公演と題した公演は今回で3回目になりました。

家というのはつまり私の家であり、

ずっと見ている景色の中で演劇をすることに

当初は大丈夫なのか?という気持ちが少なからずありました。

私はとても客観視が苦手な人間でどうしても主観で物事を捉えてしまうんですね。

ですが、gekidanUのメンバーをはじめ、

今回オーディションに参加してくれた役者さん、

そして何よりもご来場いただいたお客様。

皆さんがこの家を喜んでくれて本当に嬉しく思います。

オーディションから始まったこの公演。

たくさんの方に出会えることが出来ました。

その中で私とヒガシで新宿の居酒屋で白熱した議論を交わし、

今回出演していただいた皆さんに

オファーをさせていただきました。

改めてみんなありがとう。

そして単独公演としては過去最多のお客様に

作品を見ていただいて本当に嬉しく思います。

本当にありがとうございました。

さて、電気マグロとヒガシがばっちりロジカルな手記を残してくれましたが、

主宰の私はというと…とても論理立てた書き物が苦手です。。

なのツラツラと最近あったお話をしようかと思います。

私事で恐縮ですが、

18歳から8年間続けていたフリーター生活を、去年の9月に終わらせ

11月から会社員として働きはじめました。

これまで通りの生活や常識は全く通用せず、

「これが会社員…」と入って3ヶ月くらいは見たことなかった世界にどっぷり衝撃を受けていました。

そして同時に月〜金まで働きながら芝居を平然としていたgekidanUのメンバーは化け物じゃないかと思っていました。

そんな中オーディションを行いキャストが決定し

今回の作品「金星」の〆切日が決まってしまったのです。

僕のキャパシティでは慣れない会社員をやりながら

先のことを考えて少しづつ台本を書くなんて器用なことは出来ず、

何を物語ればいいのか、そして何を見せたいのか、

考えても会社のことしか出てきません。本当に平行作業が苦手なのです。

「あー上司」違う「あー先方に電話」違う違う「明日の来訪は…」

違う違う違うぞ!!仕事のことじゃなくって…!!

あれ?

ここで1つ明確に意識が変わっていることに気がつきました。

俺はこれまでフリーターをしながら演劇をしていて

否が応でもgekidanUを仕事と呼んでいたじゃないか

どんなに馬鹿にされてもgekidanUが仕事だと、本を書くことが仕事だと

意地を張っていたじゃないか…と

フリーターをしていると「仕事」の定義がわからなくなることが

多々ありました。なんでもかんでも仕事と呼んで自分はこういう人間だ!

という名刺が欲しかったんですね。

でも今は会社員になりました。今の会社の業務は紛れも無い誰が見ても

仕事と呼べるでしょう。名刺も会社に入社した瞬間に貰いました。

そうかー今は仕事が出来たせいで

本を書くことは1番でない状況になってしまったんだ。

すっと肩の荷が下りました。

「好きなことを書こう」

義務としての1番じゃないなら

gekidanUは1番好きなことじゃないと意味がないなと

そう思ったのです。

会社に入って3ヶ月間、必死過ぎて

ほとんど残すことが出来なかった創作用のiPhoneのメモ

そこには

「雨なんてなくていいと思っていたけれど、なくなるとさみしいね。困るね。」

これだけ残っていました。いつ、どこで、どうして残したか分からないメモ。

だけどもあんなに名刺を欲しがってたいたのに、名刺交換のルールを間違えて部長に怒られた3ヶ月前の自分よ。

伝えたいことはよくわかったぞ!任せろ!と。偉そうに今の自分が。

ここから金星の執筆はスタートしました。

〆切までの短い時間はとても楽しかったです。

生活リズムはめちゃくちゃでした。

会社が終わり、朝4時まで書いて朝7時に家を出る生活でした。

間に合わない!間に合わない!面白くない!繋がらない!

1人リビングで頭を掻きむしりながら。

それでもやっぱり楽しかったんですね。

好きなことのためなら時間を無限に生み出すことは可能なんですね。

僕はgekidanUのメンバーのことを化け物あつかいしておりましたが、

やっぱり皆好きなことをやっているから、続くんだなと

主宰として、みんなが好きなことをやれているならと、

ほっと安心しました。

ヒガシのまとめる座組は本当に楽しそうで、

仲間に入れて欲しくて

脚本が上がったあとも、自宅でやっている稽古に

主宰の感じをバリバリ出しながら笑

たまにフラフラお邪魔してました。

たくさんのお客様ともお話し出来て、

打ち上げもしっかり酔っぱらえて

沢田研二の「勝手にしやがれ」を熱唱している最中に

当たり前ですが、また演劇をやりたいなと思いました。

これから先も

gekidanUも関わる人が全員じゃなくても

少しでも多くの人が、なくなるとさみしいモノになれば

いいなと思う今日この頃です。

本当に本当にありがとうございました。

さて次回!弔EXPOですね。

まだ一行も書けていませんが…笑

また違うアプローチで皆さんにお話をお届けできればと思っております。

どうぞこれからもよろしくお願いします。

gekidanU 遠藤遊

夏。演劇の季節です。

お久しぶりです。gekidanU主宰遠藤遊です。

弔EXPO18が開幕致します。これは何かと言うと簡単に言うと演劇フェスです。gekidanUを初め、計4団体が参加します。

gekidanUからは野外演目「おと鳴り」

屋内演目「火曜日の夜、水曜日の朝、サテライト」

の2作品を上演致します。今回僕はどちらも脚本のみ担当しました。

 

この2作品全く毛色の違う作品になりました。

今回は明日から6公演する「おと鳴り」について

この作品は

地元で質屋を営む穂波と、ある理由で家に閉じこもる樹梨を主人公に様々な出会いの中に起こる「偶然は必然なんだよ」と詠ったお話になります。

あーこんなドラマを夏の夜に見たいなと思いながら書きました。

gekidanU史上一番爽やかな、人間らしいお話になったかなと思います。

さあこの赤いハイヒールが何を意味するのか、是非劇場で見ていただけたらと思います。

 

さて「おと鳴り」はgekidanUヒガシナオキの初演出作品となります。最初に原案をヒガシに貰い話し合いながら本を書き進めてきました。今まで一緒に歩いてきた仲間ですが、あーこういうこと考えてたんだなとか、あーこういうお芝居が好きなんだなとか改めて。笑

これは、あるあるだと思うんですが、やっぱりヒロインは自分の好きなタイプに寄ってしまうんですね笑 今までの僕の作品にはいなかったタイプの少し浮世離れしたヒロインが描かれています。

スマホに残っていたおと鳴りのボツ台詞の1文

「キツい事も悲しい事も、あの忘れたい思い出とか、俺の嫌いなあいつだって、全部必要だからあるんだよ。ってわかったんだよ!だからお前もクヨクヨすんな!全部全部必要なの!」

あー…なんかこういうことずっと言い続けてるなぁ、本気で思ってるんだなとしみじみ思いました笑

今日のゲネプロでは写真を担当しましたが、キャストの皆さんの顔が本当に生きていた。

んーいい顔だ!と何回もシャッターを押して思いました。

 

明日から本番。是非足を運んでみて下さい!!

 

次回ブログは「火曜日の夜、水曜日の朝、サテライト」について。よかったら読んで下さい!

gekidanU 遠藤遊

「きっと、綺麗な赤の上で」

改めまして、「きっと、綺麗な赤の上で」ご来場して下さった全てのお客様。本当にありがとうございました。主宰の遠藤遊です。

 

長らく時間が空いてしまってのご挨拶になってしまいましたが、今日挨拶する事を前々から決めていました。

非常に個人的な理由ですが、

今日4月27日は家の愛猫「シャガ」と僕が出会った日です。

1年前の今日僕は彼と出会いました。

彼の「シャガ」という名前は元々は「著莪(しゃが)」とう花の名前から取っています。4月27日の誕生花がつまり著莪なんです。

花言葉は「反抗」「抵抗」「決心」「私を認めて」「友人が多い」

今振り返れば、彼にぴったりな名前になりました笑

 

そして何故か僕にもぴったりな花言葉です。

まあそれだけなんですが笑

 

しっかり時間を経てこの公演に対する思いを述べたかったのです。

「きっと、綺麗な赤の上で」終演しもう2週間以上たちました。本当に早いです。

脚本ができた時、主人公は「ケイ」という男の子でした。ケイという名前は過去にも使っている役名で僕個人的にもとても思い入れのある名前です。だから漢字表記で意味を決めすぎないように、これからもケイが自分の作品に出て来れるようにカタカナ表記にするつもりでした。

僕は自分の経験談を作品にする事が多く、特に今回のお話は今までのどの作品よりも自分の経験談や弱さ、気持ち悪さ、甘さが主人公に出ていたと思っていてだからこそ、男の子にする予定でした。

もしかしたら、過去作品を見て下さっている皆様は知っているかも知れませんが、毎回僕の投影が強い役は同じ役者に頼んでいました。

彼が役者をやめて社会人になってから、前みたいな作品を作る事が難しくなって情けない思いがありました。

ただキャストの皆さんのオファーをする際、全てを終わらせて、そして全てを始めるつもりでこの本を書きました。なんとも思い入れの強い作品です。

 

自分の家の床が本当に抜けてしまうんじゃないかというくらい沢山のお客様にご来場いただきまして、本当に感無量です。

作品が終わり日常に戻り、いつも通りの生活に戻りました。

シャガがいて、外では南千住の音がする。

作品の終わりは切ないです。

人が沢山いたところから一人になりますから当然ですが。

でもこうやって普通の暮らしに戻っても、どっかで僕らの作品が皆様の話題の一つになっていたら、キャストスタッフ一同これ以上の幸せはございません。

 

ここに皆さんへの感謝と信頼なるキャストスタッフへ感謝の気持ちを書かせていただいて、この作品をひとまず終わりにしたいと思います。

 

ご来場下さった全ての皆様。協力していただいた皆様。

誠にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

 

gekidanU 遠藤遊

 

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

高村楓へ

楓ちゃん。今回は制作をしてありがとう。楓ちゃんがお客さんの窓口になってくれて、なんの心配をすることもなくお芝居を作る事が出来ました。自分の劇団もあると思いますが、これから先も手伝ってくれたら嬉しいです。そしていつかは僕らの財布を握ってください。僕だけじゃ心細いです笑 ありがとう!

 

ヒガシナオキへ

今回も本当にお疲れ様でした。いつもキャストスタッフを紹介してくれてありがとう。いつもポンコツ主宰に付き合ってくれてありがとう。そうそう、ヒガシが車の運転が出来るようになってしまったら、僕は何一つ威張るとこがなくなってしまって。少し寂しいです。あんまり多くを語る必要もないと思うので、これからもよろしくお願い致します。近いうちに打ち合わせを。そして8月も大成功させましょう!

 

汀へ

みぎーちゃん?呼び方が慣れないけど、本当にありがとうございました。まずはフライヤーのデザイン。これについては散々話したけれど、この前バーのお客さんがフライヤーの意味に今更気づいて、すごいね!と誉めていたよ。フライヤーとかってすごく消耗品だと思うんだけど、実はgekidanUのフライヤーも当日パンフレットも全部綺麗にファイリングいてくれるファンが居て、遠藤武子っていう人で、僕の母さんなんだけど。笑 でもそうやって一生残る誰かの宝物にもなるって事よね。これからもあなたに母さんの宝物、増やしてあげて欲しいです。今回はどうだったかな?僕はすごく深読みするくらい読んできて、悩みながらも、違う違う言われながらも前に進む姿がとっても印象的でした。最初に独白を3人で読んで地獄のような雰囲気になった稽古は一生忘れない。笑でも稽古が進んで行くうちに「ここに気持ちが入らなくなってここで入るようになった」とかなんか毎回新しい発見をしていけるのはすごいなと思いました。それを嫌う演出の人もいるかもしれないけれど、僕はとっても作品が前に進んでる感じがして、嬉しかった。この前駐車場で作業をしてロジまで来てくれたとき、何故だかとっても安心しました。笑これが僕が今回あなたに寄せた信用の大きさだなと思いました。ありがとう!

 

 

真坂雅へ

雅。3回目のgekidanUありがとう。雅はHowcrazyはの自分は尖ってて一人で芝居をしていたような感覚だったと言っていたけども、実は僕はあの時の雅の役とって好きでした。今回は協調性の中で稽古や芝居を丁寧に作り上げてくれたと思うんだけども、またあの雅が見たいなとも個人的に思ってる。上手く皆んなをまとめ上げて、ムードメイクしてくれてありがとう。稽古以外の時間も付き合わせてごめん笑でもあの時間僕はとっても大好きで、あれこそ、ある種この仕事をしている意味なんじゃないかとも思ってて、お前はダーツ下手くそだったけど、楽しかったね。一緒に来た友達は今年一番楽しかったと言っていたよ、人を楽しませる事、本当に得意なんだね。打ち上げの帰り際言ってくれた言葉。覚えてるかわからないけど、とってもとっても嬉しかったです。これから先も、たくさん一緒に作品を作りたい仲間だな、友達だな、と今回本当に思いました。楽しみです。ウキウキワクワクしてます。ありがとう!

 

高野恭子へ

恭子さん、初舞台改めておめでとう。そしてようこそ蟻地獄みたいな素晴らしき世界へ。笑 恭子さんへたくさんお花やプレゼントが届くたび、あぁ本当に周りの人を大切に生きて来たんだなと思いました。そしてそれは僕もみんなもちゃんと感じていたはずです。本当に奇跡のような出会いでしたね。これは何度目かの話になっちゃうかもしれないけど、香織さんが、同い年くらいの人が今から役者を目指したいと言っててどう思う?周りの人にはやめろって言われてて遊君どう思う?って聞かれた時、正直答えに迷いました。ここで僕がやめといたほうがいいです。って言った方が幸せなのか、そうじゃないのか。僕はこの世界に入って辛い事たくさんありました。楽しかった事よりも多かったと思います。だから迷いました。だけども、僕は賭けてみたかったんです。僕自身に。そんな熱い人に僕の思いは作品は伝わるのか賭けてみたくて、正式にオファーまで辿り着きました。賭けに負けたか勝ったかはわからない。けれど、恭子さんのお陰で僕も成長出来ました。恭子さんのお陰で初心を取り戻しました。最後に言ってくれた、また成長したら仕事しようって言葉で、これからもここで生きて行く意味が出来ました。ありがとう。これからも是非この素晴らしい世界にいてほしい。素晴らしいなんて一言だけじゃ言えないけども、言葉で話すよりも、酒を飲みながら夢を語り合うよりも強いモノが確かな覚悟がお客さんや身近な人に伝わるのはやっぱり芝居の素晴らしいとこだと思います。これからたくさんオーディションとか受けて他の舞台で活躍する恭子さんを楽しみにしてます。必ず見にいきます。最初に見つけたのは俺だそ!!と言いたいです笑 そう言えば明日バーに来るんでしたっけ?お待ちしてます。ありがとう!!

 

木村早陽へ

「ケイ」から「景」にしたのは、早陽をイメージして本を書き直した時、景色が見えたから、これは嘘でも例え話でもなく、本当に見えたから、僕は「景」という名前に決めました。きっとあなたの事を人が求めるのはそういう事なんだと思いました。僕は、これが終わってから、何故かずっと景が抜けなくて、あの台詞のように孤独をまた思い出して、周りに人がいるのに一人ぼっちだと思いました。そしてこれを書いている今もそう思ってます。だけども昔みたいに、だからって友達のことを無碍にしたり、酒を飲みすぎて線路で寝ちゃったり、ギャンブルで給料全部使ったりとかはなさそうです。それはきっとこの作品で僕も新しいことに気づいて孤独の本当の強さに気づいて、だから今は理論武装せずに、感覚的になんだかいい感じです。早陽にはこれがなくって悩んでいたけども、僕はそんな人間に出会ったのは初めてで、嘘だろとずっと思ってて、いつ心を開いて稽古してくれるのかと思っていたけども、稽古に対する真剣な姿勢や、悩んでいる姿を見て、これが本当のあなたなんだと納得して。根本的に多分人間的にも僕とは合わないあなた笑 だからこそ多分景色は見えたんだろうね。この作品が今後のあなたの人生に何か少しでいいから影響していってくれたら、ふとした時、早陽の胸の中に景が出て来てくれたら、もうそれが僕の作品を作る意味です。でもやっぱりまた是非一緒にお仕事しましょう。また新しいもの一緒に作りましょう。本当にありがとう!

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

皆様、本当にありがとうございました。

また必ず、家以外のどこかで「きっと、綺麗な赤の上で」上演致します。

その時はよろしくお願いいたします。

今日のご飯、次の楽しみ

最近、今までやっていたバーの仕事の他に、南千住にあるゲストハウスのスタッフとして働きはじめた。

勤務時間は9:30〜18:30まで

今までは夜中まで営業している職場のバーに、グダグダ深夜2時くらいまでいて、そのあとお客さんと飲みに行って始発で帰ることが多く、何も用事が無ければ昼はずっと寝ていた。

だから昼食がなんて無いのが当たり前で、1日1食賄いだけみたいな生活だった。

でも昼間働きだすと、やっぱりお腹は空くもので、ここ最近は近くの食堂で昼食を取っている。

「仙成食堂」南千住にある老舗だ。

4年くらい前までは、山谷にいる労働者が利用していた余波で朝5時から営業していた。

僕らが20歳前後だった4年前、朝まで仲間と稽古して、この食堂でよく分からないなりにお芝居について話していたのを思い出す。

店「お、久しぶりです!またやんの?」

僕「はい、4月に家の中で芝居やります」

店「いいねー、またチラシ持ってきてよ、貼るからさ」

そんな何気ない会話が僕の活力になる毎日だ。

 

昨日はモツ煮込み定食を頼んだ。

となりの客は卵焼きを食べていた。とっても美味しそうだった。

どうやら+180円で卵焼きも頼めるらしい。

次に行った時は卵焼きを頼もう。

そんな些細な楽しみが肉体的にも精神的にも生活を支えてくれる。

「きっと、綺麗な赤の上で」

「きっと、綺麗な赤の上で」稽古が今日始まりました。

これから約一ヶ月キャストスタッフ足並み揃え、初めての家公演に向けて進んで行きます。

 

gekidanUの公演に見てきていただいた方はご存知かもしれませんが、僕らはいつも駐車場を劇場にしています。そしていつも美術としてそびえ立っている家があります。

この家には普段僕が住んでいます。

17の頃家を追い出されてからもう8年です。早い。

この8年間この家には色々なドラマがありました。

友達がたくさん集って、いなくなって

彼女と同棲して、別れて

それは何も変哲もないドラマです。

ただ生活の中で生まれるものこそ、本当に僕が伝えたい物語なんじゃないかなと思っています。

泣いて笑って怒って

当たり前のことが、当たり前のように毎日起こる。感情が鼓舞する。消えたくなる日もあれば、スポットライトで照らしてほしい日もある。

それが、毎日、それが、生活、それが普通です。

わかりやすいクライマックスや見せ場やオチなんてないかもしれないけど、

生活の中でしか生まれないお話を、紡いでいきたいと思います。

「生活劇」始動します。よろしくお願いします。

 

遠藤遊