gekidanU家公演


gekidanU 家公演

「火曜日の夜、水曜日の朝、サテライト」

 

荒川区南千住にある劇団主宰・遠藤遊が所有する一軒家の二階、三階を劇場として、

観客回遊型の公演を実施することが決定。

2012年の発足当初より毎年、住居前の駐車場で野外公演を継続的に実施してきた「gekidanU」初の実験的な試みです。

 

●タイトル

「火曜日の夜、水曜日の朝、サテライト」

 

●あらすじ

私はもう26才。

どこにでもある学校のどこにでもある演劇部だった瑞希、静江、遥華、礼子。

同窓会の会場には、あの頃、渦巻いてたアレが、まだ、潜めながらバレないように生きている。

「9年ぶり?嘘だー!そんな気がしないね!昨日の夜と今日の朝の間くらい短いね!みんな大嫌いだったよ」

ここはどこ?私はだれ?

私はまだ17才。

 

作:遠藤遊(gekidanU) 演出:倉垣𠮷宏(舞台芸術創造機関SAI)

出演者:木下朝実 近藤ゆき 苗村あき 姫野佐和子

 

●公演日程:2018年8月4日(土)18:30〜、20:30〜※全二回公演

※公演開始45分前に受付開始、20分前に開場開始。

※入場は来場された方から先着順となります。

 

●会場:南千住gekidanU屋内劇場(荒川区南千住5-25-6)※南千住駅各線より徒歩5分

アクセスMAP http://gekidanu.com/theatre

 

●料金:前売り・当日 1000円 ご予約はコチラ

 

【本公演に関しての注意事項】

・途中入場不可。

・当公演は、立って移動しながらご参加・ご観劇いただくスタイルの作品です。

歩行などが困難な方はご参加が難しい場合がございますので事前にお問い合わせ頂けますと幸いです。車椅子のお客さまは事前に備考欄にその旨をご記入下さい。

・靴、サンダルなど脱いでご入場いただきます。
・当日劇場内のクロークにて手荷物のお預かりサービスがございます。

 

【スタッフ】

屋内公演企画/製作統括  遠藤遊(gekidanU)

舞台美術        よりぐちりょうた(gekidanU)

照明           電気マグロ

音響           イワオマサアキ

宣伝美術        西岡憂

制作          鈴木千尋

協力:カクトエンタテインメント、スターダストプロモーション、Mama&Son