第11回公演 gekidanU×白昼夢盆外合同企画「弔EXPO’17」


gekidanU×白昼夢盆外合同企画

弔EXPO’17

 

【会場】
南千住gekidanU野外劇場(荒川区南千住5-25-6)
地図 道順

 

【日程】
2017年8月4日(金)〜8月6日(日)

 

【参加企画】

白昼夢「雲人間による紙芝居FES」
gekianU「セミとカメレオン」

 




 

白昼夢参加パフオマンス

雲人間による紙芝居FES

 

『弔EXPO’17』今年の演目は――

夏の夜空の雲人間、敬弔の紙芝居FES!!

オリジナル紙芝居だけでなく、既存の名作紙芝居も!!

飲んで歌って物語る、野外パフオマンス豪華版!!

 

【上演日時】
8月4日(金) 18時~
8月5日(土) 18時~、19時~、20時~
8月6日(日) 18時~

 

【料金】
無料

 

【キャスト】
白昼夢

 

【上演作品】

『禁じられた禁次郎』(オリジナル)

『OKITE』(オリジナル)

『ウリゴン 対 フタツゴン』(オリジナル)

『Rock’n roller 芳一』(オリジナル)

『竹取偶像物語 -サテライト・アイドル・フェノメノン-』(オリジナル)

『注文の多い料理店』(宮沢賢治)

『蜘蛛の糸』(芥川龍之介)

『猿蟹合戦』(昔話)

『まんじゅうこわい』(落語)

『ごきげんのわるいコックさん』(まついのりこ)

『はらぺこあおむし』(エリック・カール)

(※上演作品は変更の可能性があります)

 

【白昼夢とは】

2010年に結成された劇団。

脚本・米山昂による、民話・怪談・神話などをモチーフにした虚構性の高い戯曲。

これを、演出・石坂雷雨が、俳優のダイナミズムや熱量、大胆な設定でシーンを展開させて上演。

「舞台特有のライブ感」「インパクト大のダンスパフォーマンス」「物語の終末まで常に爆発し続けるエネルギー」を追求した、圧倒的非日常体験を表現し続けている。

本公演の他、野外で既成戯曲を上演する企画「弔EXPO」を真夏に開催。

路上、フェス等で白塗り紙芝居「雲人間による紙芝居屋」の活動を不定期に行っている。

シアターグリーン学生芸術祭vol.5にて短編作品「地獄任侠観音烈伝」で支配人特別賞。

利賀演劇人コンクール2015では奨励賞、観客賞を受賞した。

公式ホームページ




gekidanU参加作品

セミとカメレオン

 

【上演日時】
8月4日(金) 19時~
8月5日(土) 21時~
8月6日(日) 19時~

 

※受付開始/開場は開演の30分前を予定。

全日開演1時間前より、同会場で白昼夢による無料パフオマンス「雲人間による紙芝居FES」が行われます。

お時間都合のつくお客様はぜひこちらからご参加ください。

※5日は劇場に面している仲通り商店街で納涼祭が行われます。
ぜひ併せてお楽しみくださいませ。
※当日は会場にて各種ドリンクを販売いたします。

 

【料金】
当日、予約ともに一律1000円
ご予約→https://www.quartet-online.net/ticket/gekidanu17

 

【キャスト/スタッフ】
作/演出 遠藤遊
出演 ヒガシナオキ、鈴木明日歌、荒明俊昭

宣伝美術 汀

 

【あらすじ】

残暑。

カメレオンは、自分の色を決めかけていた。
突然消えた父が残した
『安定しろ、個性を捨てろ』その言葉をレールに
ただただループしている生活を送っていた。
突然やってきたうるさい『あいつ』は
7日間だけ相棒になってくれ!と言ってきた。
ボニーとクライドのように
テルマとルイーズのように
シュウジとアキラのように
俺たちに明日はなくて
青春をアミーゴ出来なくて

残暑。
ー2017年夏
今さら思う、祭りのあとに。