森下凜央個人企画「示ではなく禾。」








Vol.1「ドーナツ・ホールに鯨が泳ぐ」

森下凜央個人企画「示ではなく禾。」Vol.1

「ドーナツ・ホールに鯨が泳ぐ」

 

脚本 加糖熱量(裃-這々) 演出 ヒガシナオキ(gekidanU)

 

私の中にあなたがいるのか
あなたの周りに私がいるのか
そんな話をしたのはもう随分昔の話で

あなたからの音信が途絶えたのは
電波の届かない距離まで行ってしまったのか
はたまたブラックホールにでも吸い込まれたのか

私には分からなかったし

今もまだ分からないけれど
今日も私の周りは
悲しいくらいにモノで溢れかえっている

どこかに空いた小さな穴の所為で
私の毎日はぐるりと反転してしまったんだ

これは私とあなたとの覚え書き

 

◯出演

森下凜央(gekidanU)

鈴木明日歌(gekidanU)

 

◯会場

アトリエ5-25-6(荒川区南千住5-25-6)

 

◯タイムテーブル

3月27日(土) 14時〜、18時〜

3月28日(日) 14時〜、18時〜

※受付/予約開始は開演の30分前

 

◯スタッフ

舞台監督       ヒガシナオキ(gekidanU)
舞台美術       よりぐちりょうた(gekidanU)
照明          電気マグロ(gekidanU)
音響/音楽      鈴木明日歌(gekidanU)
制作        遠藤遊(gekidanU)
宣伝美術      秋山未里

 

◯新型コロナウイルス(COVID-19)対策について

https://gekidanu.com/wp-content/uploads/21_0215_guideline.pdf

【森下凜央個人企画「示ではなく禾。」 とは】

2021年1月よりgekidanUに唯一の役者専任メンバーとして加入した森下凜央による企画公演。

一役者としての能力、創造性、団体としての可能性の向上を目的に、

拠点であるアトリエ5-25-6で実施ごとにテーマを定めgekidanUメンバー陣とともに行う公演

初回となるVol.1は、住宅や非劇場空間での上演を行っている「裃−這々」の過去作を、森下凜央、鈴木明日歌の劇団女性メンバー二人で上演。

#しめのぎ




【森下凜央】

劇団最年少かつ唯一の役者専任メンバー。

gekidanUには2020年 弔EXPO’20「インディゴチルドレン」より参加、

家公演企画Vol.4「With Home」にも続いて出演したのち、2021年1月 より加入。

凜は示ではなく禾。クラゲとオムライスが好き。