劇団U

I can be anything,I want.

N E W S


【弔EXPO’20開催決定!】

 

  

 

南千住を舞台に毎年展開してきた夏の野外劇の祭典『弔EXPO’20』

今年も開催いたします!

近年複数団体様との演劇フェスのような形で実施しておりましたが、

今年はgekidanUの野外本公演としての単独開催を予定しております。

 

【gekidanU 次回本公演】

弔EXPO’20 

gekidanU野外本公演「(タイトル未定)」

 

脚本 遠藤遊(gekidanU)

演出 ヒガシナオキ(gekidanU)

 

日程

7月24日(金)~26日(日)

7月30日(木)~8月2日(日)

 

場所

南千住gekidanU野外劇場

 

出演

秋吉アスカ
鬼塚貴彬
亀井理沙
髙橋紗綾
ツクロークン(吉本興業)
徳原あゆみ
藤口圭佑(藤一色)
南あゆむ
森下凜央

 

※6月1日タイトル発表/ヴィジュアル公開
6月15日詳細情報公開&チケット予約開始予定


昨年『弔EXPO’19』の情報はコチラ

 

昨年のgekidanU参加作品「イントロダクション」のエンディング仕掛け解説動画はコチラ↓

 

【受賞!】

照明の電気マグロが昨年11月に行いました、
アトリエ5-25-6ProduceVol.1 くちびるに硫酸「あの星にとどかない」で、

「第39回 日本照明家協会賞舞台部門 新人賞」を受賞しました!

「家公演」での受賞となり、劇団一同大きな喜びを覚えております!

 

公演詳細はこちら













【無事終演!】

アトリエ5-25-6Produce vol.2

犬小屋計画 「一人夜明けにパンを焼く」

 

gekidanUによるProduce企画第2弾、無事に終演いたしました!

コロナウイルス感染拡大防止の動きに伴い、

さまざまな対策を皆様にご協力もいただき行うことで、

おかげさまで無事公演を行うことができました。

ひとえにご来場いただきました皆様のおかげです。ありがとうございます。

 

公演詳細はこちら

 

今後のProduce公演のご希望はもちろん、

家劇場「アトリエ5-25-6」については随時貸し出しも受け付ております、お気軽にご相談ください。

詳細はこちら



















【弔EXPO’19 無事終演!

 

7月末から2週間に渡り行われました真夏の祭典【弔EXPO’19】

台風や猛暑にさらされながら、無事全日程を終了いたしました!

舞台芸術創造機関SAIさん、キャンディプロジェクトさんをお招きした今回は、

なんとのべ【549名】の皆さんにご来場いただきました。

本当にありがとうございました!

 

公演詳細はコチラ!



















【鈴木明日歌 家Live企画】

2019年1月に加入し、
普段はシンガーソングライター、「minds」のメンバーとして活動する鈴木明日歌が、
gekidanUの拠点となる住宅で定期的に行っていくLive企画を行っています!
次回Vol.5 は企画中です!

 

【家公演企画Vol.3 「金星」】

 

野外公演含め単独公演としては過去最高動員の【265名】もの皆様が、

南千住の民家のリビングでご観劇いただきました。

本当にありがとうございました。

たくさんのご感想もいただき、gekidanUにとって大きな意味を持つ公演となりました。

野外公演と共に、今後もこの形態での公演を活動の軸にしていきます。

 

公演詳細はこちら!

















































gekidanUとは








gekidanUは2012年に遠藤遊を中心に結成された団体。

荒川区南千住を拠点に活動中。
現在の団員は遠藤遊(脚本)、ヒガシナオキ(演出/舞台監督/役者/制作)、よりぐちりょうた(舞台美術/Web制作)、電気マグロ(照明/アトリエ施工)、鈴木明日歌(音楽/音響/役者)の5名。

 

発足当初より、主宰遠藤遊の持ち物である駐車場を劇場として行う野外公演を開催。

下町の商店街に劇場を「出没」させて前は劇場、後ろは道路、横も道路、な空間を提供している。

劇場内は飲食可、撮影可、観客にとって出来る限り自由な劇場作りを心がけている。

また、遠藤の旧住居である住宅を改造したアートスペース「アトリエ5-25-6」を運営し、劇場・稽古場としての貸し出しや、

毎年夏に開催している野外演劇フェス「弔EXPO」の開催など、

演劇を行うための「ハード」を作っていくことを活動のもう1軸としている。

 

「誰かの原体験になるモノをつくる」を根底に、

言葉の力を重視し、「場所」とのつながりを意識した演出/創作が特徴。

2012年結成。結成当初は小劇場を中心に活動。
2012年。ロンドンのグローブ座に憧れて南千住にて野外公演を初演。
2013年。王子小劇場トライアル公演参加。京都学生演劇祭参加。
以降野外公演を活動の場に変更。
2014年夏 劇団唐ゼミ ノマド演劇プロジェクト「木馬の鼻」にサポートとして参加し
地方各地での野外公演に参加。
2015年夏、白昼夢盆外公演
「弔EXPO’15」を後援。
2016年夏、白昼夢•gekidanU共催「弔EXPO’16」に参加。
2017年夏、白昼夢•gekidanU盆外合同企画「弔EXPO’17」開催。

2018年4月、初の家公演「きっと、綺麗な赤の上で」開催。

2018年夏、「弔EXPO’18」主催。※参加団体:白昼夢、舞台芸術創造機関SAI、百人キ画

2019年夏、「弔EXPO’19」主催。※参加団体:舞台芸術創造機関SAI、キャンディプロジェクト

2019年秋、初のプロデュース公演「アトリエ5-25-6 Produce」を開催

「街」に突然、見世物小屋みたいな


gekidanUのHPを覗いて下さりありがとうございます。
主宰の遠藤遊です。
今はなんでも、見ていなくても、見たような気になれる。そんな素晴らしい時代がやってきました。もしかしたら家の中で旅行が出来る!みたいな言葉の概念さえもぶっ飛ばす、そんな時代もくるかもしれません。でも子供の頃の川辺に張ってあるテントとか、大人しか入れない映画館とか、大人になったら意味が分かるものに、不思議さとか奇妙さとか怖さとかそんなことを感じていました。
僕らの劇場にふらっと足を運んで「なにやってんのー?」って聞いてきてくれる子供もいます。
その子たちが放った言葉「ここには行ったらダメだよって朝の会で言われたよー!」
…僕らは驚きました。これは見せてはいけないものなのか!って
でもだからこそ子供の心は正直に僕らの劇場が何をやっている場所なのか知りたかったのかもしれません。
 
これから先も街で芝居をする僕らが彼らの不思議のきっかけになれたらいいなぁと思っています。

そのほかの活動


外部公演

劇団唐ゼミ ノマド演劇プロジェクト「木馬の鼻」
(サポートとしてgekidanU参加)

2014/09/13(土)~2014/09/15(月)
@横浜 関内大通り公園

2014/09/21(日)~2014/09/23(火)
@長野 権堂商店街

2014/09/27(土)~2014/09/29(月)
@名古屋 城山八幡宮

2014/10/11(土)~2014/10/13(月)
@大阪  扇町公園

後援参加公演

白昼夢盆外公演「弔EXPO’15」
 2015/08/21(金)~2015/08/23(日)
 2015/08/27/(木)~2015/08/30(日)     
@南千住gekidanU野外劇場

白昼夢盆外公演「弔EXPO’16」
 2016/08/04(木)~2016/08/07(日)
@南千住gekidanU野外劇場

路上パフォーマンス

「花火」2014/08/09(土)
@入谷 やきとりたけうち前

「時代遅れ」2014/08/16(土)
@入谷 やきとりたけうち前

「あんぱん」2014/08/23(土)
@入谷 やきとりたけうち前

「カステラを作ろう」 2014/08/30(土)
@入谷 やきとりたけうち前

活動履歴