劇団U

I can be anything,I want.

N E W S








gekidanU家公演企画Vol.4

gekidanU活動の拠点である南千住の「アトリエ5-25-6」で行う家公演Vol.4は、
1公演毎の客席を従来の半分以下、俳優を複数チームに分け、2F/3Fでの別演目同時開演による公演回数の確保など、
観客/俳優にとって不安のない状態をできるだけ保った上で、
異なる脚本・演出の組み合わせによる3本の独立した作品をそれぞれ上演。

 

gekidanU家公演企画Vol.4

「With Home」

 

●会場
アトリエ5-25-6(荒川区南千住5-25-6) 2F/3F

 

●日時
12月4日(金)~6日(日)
12月10日(木)~13日(日)

 

●チケット料金
1公演チケット   2,500円
2公演チケット   4,500円
3公演通しチケット 6,000円

 

●ご予約

予約フォームはこちら

 

上演作品/出演者など詳細はこちら

<電気マグロ 照明ワークショップ開催!>

gekidanUの照明担当及び、
劇団が拠点とする民家を改装したアトリエの電気設備の整備をすすめ、
非劇場空間での照明効果を追求し、
2020 年「第 39 回日本照明家協会賞 舞台部門 新人賞」を受賞した電気マグロによる照明ワークショップを実施します。

照明スタッフの方、gekidanUの公演を観て気になった演劇関係者の方、
非劇場空間での照明演出に興味のある方は是非ご検討下さい!

 

詳細はこちら







<アトリエ5-25-6 Produce 実施団体募集中!>

南千住の住宅を改装した公演可能なアトリエを持ち、主要スタッフが劇団メンバーで揃う我々gekidanUでは、
演劇に対する志を持った方がよりよく、安心できる環境で演劇を作れる環境を提供するべく、
昨年より始めている取り組みである「アトリエ5-25-6Produce」への参加団体を、改めて広く公募します。

感染症対策や万が一の金額面のリスクなどもできる限り最小限に抑え、できる限り安心な形での公演を実現し、新たな作品を生み出していけたらと考えています。

来年以降の公演を検討している劇団様や、新たに演劇に取り組みたい個人の方など、演劇公演を行いたい全ての方々、まずはお気軽にご相談下さいませ!

 

過去実績や詳細はこちら







弔EXPO’20 gekidanU野外本公演「インディゴチルドレン」

 

2日前倒しとなりましたが、無事公演を終えることができました。

気にかけていただいた全ての皆様に、御礼申し上げます。ありがとうございました!

公演詳細はこちらから

 

ご覧いただけなかった方に向けて映像を撮影の上、販売を行っています!
よろしければぜひご覧ください!

https://gekidanu.booth.pm/items/2265817

 











































アトリエ5-25-6Produce vol.2 犬小屋計画 「一人夜明けにパンを焼く」

 

gekidanUによるProduce企画第2弾。

コロナウイルス感染拡大防止の動きに伴い、

さまざまな対策を皆様にご協力もいただき行うことで、

おかげさまで無事公演を行うことができました。

ひとえにご来場いただきました皆様のおかげです。ありがとうございます。

 

公演詳細はこちら

 

今後のProduce公演のご希望はもちろん、

家劇場「アトリエ5-25-6」については随時貸し出しも受け付ております、お気軽にご相談ください。

詳細はこちら



















鈴木明日歌 家Live企画

 

2019年1月に加入し、
普段はシンガーソングライター、「minds」のメンバーとして活動する鈴木明日歌が、
gekidanUの拠点となる住宅で定期的に行っていくLive企画を行っています!
次回Vol.5 は企画中です!

 

gekidanUとは








gekidanUは2012年に遠藤遊を中心に結成された団体。

荒川区南千住を拠点に活動中。

現在の団員は
遠藤遊(脚本)、
ヒガシナオキ(演出/舞台監督/役者/制作)、
よりぐちりょうた(舞台美術/Web制作)、
電気マグロ(照明/アトリエ施工)、
鈴木明日歌(音楽/音響/役者)、
しろ。(制作)
の6名。

 

野外劇、住宅での家公演を中心に「誰かの原体験になるモノをつくる」を根底に、
言葉の力を重視し、「場所」とのつながりを意識した演出/創作が特徴。

 

主宰遠藤遊の旧住居である住宅を改造したアートスペース「アトリエ5-25-6」を運営し、
劇場・稽古場としての貸し出し、プロデュース公演の実施や、
毎年夏に開催している野外演劇フェス「弔EXPO」の開催など、
演劇を行うための「ハード」を作っていくことを活動のもう1軸としている。

2012年結成。結成当初は小劇場を中心に活動。
2012年。ロンドンのグローブ座に憧れて南千住にて野外公演を初演。
2013年。王子小劇場トライアル公演参加。京都学生演劇祭参加。
以降野外公演を活動の場に変更。
2014年夏 劇団唐ゼミ ノマド演劇プロジェクト「木馬の鼻」にサポートとして参加し
地方各地での野外公演に参加。
2015年夏、白昼夢盆外公演「弔EXPO’15」を後援。ヒガシナオキ加入。
2016年夏、白昼夢•gekidanU共催「弔EXPO’16」に参加。
2017年夏、白昼夢•gekidanU盆外合同企画「弔EXPO’17」開催。よりぐちりょうた加入。
2018年4月、初の家公演「きっと、綺麗な赤の上で」開催。
2018年夏、「弔EXPO’18」主催。※参加団体:白昼夢、舞台芸術創造機関SAI、百人キ画 電気マグロ加入。
2019年、 鈴木明日歌加入。
2019年夏、「弔EXPO’19」主催。※参加団体:舞台芸術創造機関SAI、キャンディプロジェクト
2019年秋、初のプロデュース公演「アトリエ5-25-6 Produce」を開催
2020年、 しろ。加入。

「街」に突然、見世物小屋みたいな

gekidanUのHPを覗いて下さりありがとうございます。
主宰の遠藤遊です。
今はなんでも、見ていなくても、見たような気になれる。そんな素晴らしい時代がやってきました。もしかしたら家の中で旅行が出来る!みたいな言葉の概念さえもぶっ飛ばす、そんな時代もくるかもしれません。でも子供の頃の川辺に張ってあるテントとか、大人しか入れない映画館とか、大人になったら意味が分かるものに、不思議さとか奇妙さとか怖さとかそんなことを感じていました。
僕らの劇場にふらっと足を運んで「なにやってんのー?」って聞いてきてくれる子供もいます。
その子たちが放った言葉「ここには行ったらダメだよって朝の会で言われたよー!」
…僕らは驚きました。これは見せてはいけないものなのか!って
でもだからこそ子供の心は正直に僕らの劇場が何をやっている場所なのか知りたかったのかもしれません。
 
これから先も街で芝居をする僕らが彼らの不思議のきっかけになれたらいいなぁと思っています。

そのほかの活動


外部公演

劇団唐ゼミ ノマド演劇プロジェクト「木馬の鼻」
(サポートとしてgekidanU参加)

2014/09/13(土)~2014/09/15(月)
@横浜 関内大通り公園

2014/09/21(日)~2014/09/23(火)
@長野 権堂商店街

2014/09/27(土)~2014/09/29(月)
@名古屋 城山八幡宮

2014/10/11(土)~2014/10/13(月)
@大阪  扇町公園

後援参加公演

白昼夢盆外公演「弔EXPO’15」
 2015/08/21(金)~2015/08/23(日)
 2015/08/27/(木)~2015/08/30(日)     
@南千住gekidanU野外劇場

白昼夢盆外公演「弔EXPO’16」
 2016/08/04(木)~2016/08/07(日)
@南千住gekidanU野外劇場

路上パフォーマンス

「花火」2014/08/09(土)
@入谷 やきとりたけうち前

「時代遅れ」2014/08/16(土)
@入谷 やきとりたけうち前

「あんぱん」2014/08/23(土)
@入谷 やきとりたけうち前

「カステラを作ろう」 2014/08/30(土)
@入谷 やきとりたけうち前

活動履歴