The Blog


こんにちは。照明の電気マグロです。




『インディゴチルドレン』、おかげ様で満席の回も出てきています。昨年に比べて座席数半分、かつ増席や立ち見席も無しという状況ではありますが、それでも見に来て頂けるのは大変ありがたいことです。




演出のヒガシも時々言及していますが、東京オリンピックのために用意された4連休、会場は近くにゲストハウスの多い地域でもあり、企画段階では「当日券対応」「酔客対策」とかを考えていました。まさかこんなことになるとは。




照明は仕込み増員にも恵まれ、程よく新たな挑戦を取り入れた明かりを作れています。ハード面では3階からの投光(大劇場みたいでカッコいい)、ソフト面では野外劇としては比較的繊細な演出に対応する明かり。特に演出のところは、お祭り的な粗さを排した小劇場的な演出を取り入れていて、役者さんへの負荷が大きそうだなと傍目に思いますね。




ツイッターでも書きましたが、昨日は途中で雨対策の屋根(銀シート)の端部がピロピロしてしまって、まさにそれが重要なシーンで使うスポットライトの延長線上にあるという照明的ハプニングもありました。
このままでは当該の照明が成立しないと思ったので、急遽懐中電灯でフォロースポットを入れました。こういうのも野外劇の醍醐味ですよね。




雨対策の銀シート




私は音響オペの横田さんと一緒に、2階のベランダから見下ろす形で照明を制御しています(これも大劇場の調光室みたいでちょっとリッチな気分です)。




ベランダに向かってオペする人たち




まだ来週も公演はありますし、「観たいけどこのご時世ちょっと」という方向けに、クラウドファンディング映像化プロジェクトも進行中です。注目して頂ければ幸いです。




※ちなみにタイトルの通り、どこかに180秒かけてフェードチェンジする照明があります。暇な方は見つけてみてください。







●公演詳細・ご予約 https://gekidanu.com/tomurai20




●映像化プロジェクト https://fanbeats.jp/projects/55